ドローン空撮のメリットと有効な活用法とは?現場で役立つ雑学を詳しく紹介

ドローン空撮は難しい角度からの撮影も安価で行えるために人気があります。
ヘリコプターを飛ばすことによって似たような映像を撮ることが出来ますが、ヘリは非常に大きな費用を必要とします。
ドローンはとても便利ですが、操縦には一定の技術が必要であり誰でも良い絵が撮れるとは限りません。
特に重要な撮影などの際には専門の免許などを持った方が操縦した方が良いといえるでしょう。
その部分の費用まで踏まえて準備をすることが大切です。

ドローン空撮のメリットと有効な活用法とは?現場で役立つ雑学を詳しく紹介

テレビ番組などではドローン空撮を行うケースが増えています。
ドローン空撮の大きなメリットとして挙げられるのは、手撮りではありえないような画角で撮影できることです。
まるでヘリコプターから撮っているような映像を、低予算で完成させることが出来ます。
これがドローン空撮の1つの雑学といえるでしょう。
しかし、ドローンは誰でも簡単に扱えるものではなく、特に撮影での操縦は専門的な技術を必要としている部分があります。

ドローン空撮で使える撮影テクニック

ドローン空撮で見やすい映像を撮影するには、本体をゆっくりと操縦するのがコツです。
コンパクトでスティックにも敏感に反応するドローンは、そのままの設定で撮影すると動きが速すぎる映像に仕上がってしまいます。
あらかじめ設定で機体の動きを低速化しておくと、雰囲気のある落ち着いた作品に仕上がります。
周囲の状況を見せたい時には、本体を回転させながら上昇させるドローン空撮のテクニックが有効です。
ただ上昇させるだけでは一つの方向しか見せることができませんが、回転させることでパノラマ効果が得られ情報量を多くすることができるというわけです。
テレビでよく見かけるテクニックも学んでおきましょう。
ドローン本体を前進させるのではなく、ゆっくりと後退させることで少しずつ被写体全体を見せていくという技術です。
通常とは違う操縦方法になるため慣れが必要ですが、こちらもコツさえ学べば簡単に習得することができます。
ぶれないように一直線上を安定させて後退させるのがコツです。

ドローン空撮の基本である前進と後進

ドローン空撮で思い通りの映像を撮影するためには、様々なテクニックが必要です。
しかし最も基本である前進と後進をマスターしていなければ、他の複雑なテクニックを使いこなすことはできません。
前進は、その名の通りドローンを水平に直進させる動きです。
カメラと違ってドローンにズーム機能が備えられているのは稀なので、被写体をズームしたい時は撮影機器の方を近づかせる必要があります。
そのため、前進して被写体に近づくことでズームした映像を撮ることができます。
単純に見えますが、前進と後進は、水平を保ったまま、一定の速度で動かすことでクオリティが高まります。
従って、飛ばす場所や高度、風の強さと向き、スピードによっては難易度が変わります。
後進は前進と反対で、ドローンが被写体から引いていくことで、被写体の状況と周囲の関係性をダイナミックに撮影できる技術です。
力強く動きのある映像ができあがることから、ドローン空撮の醍醐味の一つとも言える表現です。

ドローン空撮は高さという軸を加えることでさまざまなバリエーションを生み出せる

ドローンは空中から撮影できるだけでも、陸上に限定される方法に対してアドバンテージがありますが、更に高さに目を向けることで可能性が広がるのではないでしょうか。
高さという軸は、それを1つ加えることでドローン空撮にバリエーションをもたらすことができます。
例えば高いところから真下を捉えるように撮影すると、地上が平面的に見えて面白い映像が得られます。
逆に地上に近い低い高度で水平に撮影を行えば、地面スレスレの迫力ある映像が収められるはずです。
他にも複数の高さと角度の組み合わせで同じ被写体にドローン空撮をすると、それぞれ異なる雰囲気や印象を覚える映像が手に入ります。
高さというのはあくまでもドローン空撮の軸の1つであって、傾きという軸と組み合わせれば、撮影のバリエーションはもっと増えることになります。
しかし、いきなりあれもこれも試そうとすると大変なので、まずは高さに着目して試行錯誤してみるのが良いのではないでしょうか。

ドローン空撮で風景をダイナミックに撮ることができる手法とは?

ドローン空撮が最も有効な映像としてダイナミックな風景があります。
地上からの映像では見ることができない広大なエリアを見せることで、インパクトを与えることが可能です。
動きが加わることでさらに印象を変えることができます。
近接の映像から上空へ移動し対象がどんどんと小さくなり、その場所全体を捉えることで風景をしっかりと伝えることが可能です。
ズームを組み合わせて、後退しながらズームインや前進しながらズームアウトすると中心位あるものを強調できます。
ドローン空撮で広大さを見せる手法として使われるのが、パンです。
同じ場所でホバリングしてゆっくりと水平に向きを変えることで、横方向の映像を広範囲に捉えることができます。
例えば山脈や長い道路などを見せたい場合、パンを使えばパノラマ画像を動きで表現することが可能です。
逆に被写体を中心に捉えて、その周りを360度回るような手法もあります。
伝えたいものがどのような環境にあるのかを伝える時に便利です。

ドローン空撮に関する情報サイト
ドローン空撮の情報サイト

ドローン空撮は難しい角度からの撮影も安価で行えるために人気があります。ヘリコプターを飛ばすことによって似たような映像を撮ることが出来ますが、ヘリは非常に大きな費用を必要とします。ドローンはとても便利ですが、操縦には一定の技術が必要であり誰でも良い絵が撮れるとは限りません。特に重要な撮影などの際には専門の免許などを持った方が操縦した方が良いといえるでしょう。その部分の費用まで踏まえて準備をすることが大切です。

Search